まつ毛貧毛症は何科に行けばいい?

まつ毛貧毛症は何科に行けばいい?

まつ毛貧毛症は、まつ毛が薄くなったり、なくなったりする状態をいいます。

まつ毛貧毛症になると、顔を綺麗に見せることができず、困る人も多いです。

特に、目元を大きく見せたいと考えている場合、メイクだけでは解決できません。

まつ毛貧毛症が生じた場合、病院にて治療を行う方法があります。

診療科目は、美容外科や皮膚科、内科などです。

美容外科は、まつ毛貧毛症の治療を得意分野にしていることが多く、内科ではホルモンバランスを考慮した治療を受けられます。

このように、一般的な病院であっても問題を解決することができます。

しかし、科目に関係なく、まつ毛貧毛症の治療は自己負担です。

治療する際には、治療効果と医療費をしっかりと確認した上で行いましょう。

まつ毛貧毛症の原因によって、治療法も変わります。まずは、病院で原因を特定してみましょう。

アレルギーによるまつ毛貧毛症

まつ毛貧毛症の原因の1つに、アレルギーがあります。

アトピー性皮膚炎や結膜炎が原因で、まつ毛貧毛症を発症させている場合があるのです。

アトピーの場合は、一般的にはアレルギー科を受診すると解決できる場合が多いです。

また、結膜炎が原因の場合は、眼科を受診することで、解決できます。

単に、脱毛症や加齢が原因でまつ毛が薄くなってしまってる場合は、美容外科が基本です。

しかし、アレルギーが原因となっている場合は、まずは、その症状を治してから判断しましょう。

アレルギーが原因の場合、病気そのものを治す治療費は保険の範囲内でまかなえます。

治療後、まつ毛が増えてきた場合は、そのまま回復を見守りましょう。

まつ毛が増えなかった場合は、美容外科に通うなど、他の治療方法が選択できるのです。