まつ毛貧毛症の治療期間

まつ毛貧毛症の治療期間

まつ毛貧毛症とは、まつ毛が少なくなったり細くなったりする症状です。

まつ毛貧毛症は、治療を行えば、改善します。

その治療として使われるのがグラッシュビスタです。

クラッシュビスタは、まつ毛貧毛症の治療薬で、2014年に厚労省に承認されています。

クラッシュビスタを2ヶ月ほど用いると、まつ毛が普通の人と同じくらい生えそろいます。

ただし、まつ毛の生えてくるスピードには個人差があります。

人によっては、4ヶ月はかかることもあるのです。

クラッシュビスタの臨床試験では、2ヶ月から4ヶ月で、およそ8割の人に効果がありました。

したがって、すぐに結果が出なかったからと言っても、慌てる必要はありません。

グラッシュビスタは、使用し始めてから徐々に生えていくものです。2ヶ月から4ヶ月経ったらいきなり生え揃うわけではありません。

そのため、治療を開始してから1週間くらい経っていれば、まつ毛が濃くなってきたと実感できます。

もっと早く治療をしたいというのであれば、植毛という方法もあります。

まつ毛植毛とは、髪の毛から移植して埋め込むもので、すぐにまつ毛が生え揃えられるのです。

効果が現れたら治療はやめてもいいの?

グラッシュビスタを使えば、まつ毛貧毛症は改善します。

では、効果が出たら治療をすぐにやめても良いのでしょうか?

結論から言うと、薬の効果で毛が生えてきているだけなので、やめた後はまたまつ毛が薄くなります。

しかし、継続した治療を行うには、費用の問題が付きまといます。

グラッシュビスタは、保険適用外なので、全額自己負担です。

治療を継続するには、経済的な負担が多くなります。

そこで、ある程度生え揃ったら使用頻度を少なくしましょう。

治療を始めたときは1日に1回塗りますが、その回数を数日間隔にするのです。

そうすれば、薬の量が減るので、費用を抑えられます。

なお、加齢が原因でまつ毛が減っているのであれば、改善するのは難しいです。

しかし、アトピー性皮膚炎や薬の副作用など他ものの影響で減っている場合、グラッシュビスタを使いつつ、まつ毛貧毛症の原因を取り除ければ完治できます。

まつ毛貧毛症は何科に行けばいい?

まつ毛貧毛症は何科に行けばいい?

まつ毛貧毛症は、まつ毛が薄くなったり、なくなったりする状態をいいます。

まつ毛貧毛症になると、顔を綺麗に見せることができず、困る人も多いです。

特に、目元を大きく見せたいと考えている場合、メイクだけでは解決できません。

まつ毛貧毛症が生じた場合、病院にて治療を行う方法があります。

診療科目は、美容外科や皮膚科、内科などです。

美容外科は、まつ毛貧毛症の治療を得意分野にしていることが多く、内科ではホルモンバランスを考慮した治療を受けられます。

このように、一般的な病院であっても問題を解決することができます。

しかし、科目に関係なく、まつ毛貧毛症の治療は自己負担です。

治療する際には、治療効果と医療費をしっかりと確認した上で行いましょう。

まつ毛貧毛症の原因によって、治療法も変わります。まずは、病院で原因を特定してみましょう。

アレルギーによるまつ毛貧毛症

まつ毛貧毛症の原因の1つに、アレルギーがあります。

アトピー性皮膚炎や結膜炎が原因で、まつ毛貧毛症を発症させている場合があるのです。

アトピーの場合は、一般的にはアレルギー科を受診すると解決できる場合が多いです。

また、結膜炎が原因の場合は、眼科を受診することで、解決できます。

単に、脱毛症や加齢が原因でまつ毛が薄くなってしまってる場合は、美容外科が基本です。

しかし、アレルギーが原因となっている場合は、まずは、その症状を治してから判断しましょう。

アレルギーが原因の場合、病気そのものを治す治療費は保険の範囲内でまかなえます。

治療後、まつ毛が増えてきた場合は、そのまま回復を見守りましょう。

まつ毛が増えなかった場合は、美容外科に通うなど、他の治療方法が選択できるのです。

まつ毛貧毛症は自由診療なので注意

まつ毛貧毛症は自由診療なので注意

まつ毛貧毛症は、まつ毛が不足していたり、不十分だったりする状態です。

他の人よりもまつ毛が少ない・細いと感じる場合は、まつ毛貧毛症の可能性もあります。

まつ毛貧毛症の原因は、ケアをやり過ぎてしまったダメージや、加齢や皮膚疾患などです。他には、抗がん剤などの医薬品による副作用が原因にもなります。

この中でも、ケアのし過ぎによってまつ毛貧毛症を生じさせてしまうケースが多いといわれています。マスカラやビューラー、エクステなどにより負担を掛けてしまっているのです。

まつ毛貧毛症は医療機関で治療を受けられますが、治療費は全て自己負担になります。

まつ毛貧毛症の治療は自由診療の取り扱いであり、病院が自由に治療費を決められるからです。

まつ毛貧毛症になると、非常に治療費がかさみます。日常から、ケアのし過ぎには注意しましょう。

まつ毛貧毛症が保険適応されない理由

まつ毛貧毛症の原因は、ケアのやり過ぎや医薬品などの副作用です。病気が原因ではありません。

まつ毛が少なかったり短かったりしても、日常生活に支障は出ません。

仮に、まつ毛の少なさが原因で生活に支障をきたすものがあれば、保険治療を受けられる可能性があります。しかし、まつ毛の修復は、美容目的なので、自由診療扱いになるのです。

病院の検査を受けてまつ毛貧毛症と診断された場合は、生活習慣の見直しやケア方法の指導を受けられます。

また、治療薬の処方や、発毛可能な毛包がない時には、植毛を推奨される場合もあります。

治療薬を処方された時には、医薬品の使い方の指導を受けられます。

治療費は自費ですが、まつ毛が増やせるアドバイスがもらえるなど、メリットが多いです。

もし悩んでいるようであれば、病院で治療を受けてみてはいかがでしょうか。

まつ毛貧毛症の治療で処方されるグラッシュビスタ

まつ毛貧毛症の治療で処方されるグラッシュビスタ

まつ毛貧毛症とは、まつ毛が不足していたり不十分だったりする状態を指します。

そのため、まつ毛が少なかったり短かったりすると感じている人は、まつ毛貧毛症の可能性があります。

この症状に陥ってしまう要因は、さまざまです。

主に加齢やケアによるダメージ、皮膚疾患により起きてしまうことが多いとされています。

他には、抗がん剤の投与で、まつ毛貧毛症になります。

まつ毛貧毛症が発症した場合、病院で治療を受けましょう。

病院に行けば、まつ毛貧毛症を治療するためのまつ毛育毛剤として、グラッシュビスタが処方されます。

グラッシュビスタは、まつ毛貧毛症の治療薬です。厚生労働省から認可されており、日本で製造されているため、安全性も確認されています。

まつ毛が不足した状態だと、女性の外見が損なわれます。また、眼に異物が侵入しやすくなり、別の疾患が生じる可能性もあるのです。

したがって、クラッシュビスタでまつ毛貧毛症の改善を行う必要があります。

国内で承認されていないまつ毛貧毛症の治療薬

まつ毛貧毛症の治療を行いたいなら、病院でグラッシュビスタを処方してもらいましょう。

しかし、グラッシュビスタを手に入れるのに、わざわざ病院を訪れるのは面倒と感じる人もいるでしょう。

もっと手軽にまつ毛貧毛症を治したい人には、インターネットで個人輸入による購入をおすすめします。

個人輸入という形であれば、日本で許可されていない薬も、ネット通販で購入できます。

そして、個人輸入でまつ毛貧毛症を改善できる薬としては、ケアプロストとルミガンがおすすめです。

どちらも日本では認可されていませんが、まつ毛貧毛症の治療薬です。

したがって、市販が許可されている国のサイトに行き、個人輸入を行えば入手できます。

ケアプロストやルミガンは、アメリカで認可されている薬なので、安心してまつげ育毛剤として利用できるのです。

ただし、偽物や粗悪品が出回っている恐れがあるので、購入する海外サイトは慎重に選びましょう。